Restaurant planレストランプラン

  • 4酒造
  • 隨縁亭 料理(イメージ)

日本料理「隨縁亭」 ディナー

【9月22日限定一夜限りのスペシャルイベント】三酒造×島唄・島酒Night

【9月22日限定泡盛イベント】
泡盛の作り手と島酒・島唄三酒造巡り
恩納村・うるま市・石垣島
3つの酒造から造り手を招いてお届けする一夜限りのスペシャル「泡盛」イベント。
日本料理とフレンチ各料理長による和洋折衷特別コースに厳選の泡盛をペアリング。
新しい泡盛の飲み方に出会えるかも。
三線の音色を背景に特別な夜をお楽しみください。

ご利用期間

2022年9月22日(木)

※1日限定イベントです

ご利用時間

18:30~20:30

【会場】ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート 5F「スノーベリー」
(18:00受付開始)
※予約制 限定30名様
定員になり次第予約は受付終了いたします。お早めにご予約ください。

料金

お一人様 
10,000円

神村酒造

神村酒造

神村酒造

琉球王朝時代、泡盛は王家の指定した酒造所だけが作ることを許されており、大変貴重なお酒でした。
神村酒造は明治15年神村盛真により沖縄県那覇市繁多川の地で創業し、ラベルの無いころは「神村の酒」として親しまれ、その後「神村・守禮・スリースター」の銘柄で瓶や壺に詰められ、人々の心を癒す酒として愛飲されてきました。

咲元酒造 恩納村

咲元酒造

咲元酒造

明治35年創業の100年以上の老舗で、2代目の佐久本政良は戦後昭和21年に「首里酒造廠」として最初に泡盛作りを許され、泡盛復興の父と呼ばれていた職人です。空襲で焼けた酒蔵から、麹のついたニクブク(藁のムシロ)を発見し、泡盛を復興させた話は有名です。
創業時、代表者の名前で「佐久本酒造場」として首里三箇の一つ鳥堀で泡盛製造業を営んでおりましたが昭和25年国税庁長官との座談で「サキ」(※沖縄の言葉で酒)の元である蔵元という事と「佐久本」をもじり、咲元(サキモト)酒造として現在に至っています。
※ニクブク:蒸米に麹を仕込む際使用する藁のムシロ

池原酒造 石垣島

池原酒造

池原酒造

1951年に創業。昭和26年創業者池原興吉により、現在地で製造業を開始。
しかし興吉氏は若くして死去し、池原信子氏が2代目に就任。その後息子、孫へと親子三代で味を守り続け、今日も創業当時のまま、全工程を手作業で行っています。
銘柄は「白百合」と「赤馬」のみ。洗米から蒸留まで一貫して手作業で行い、蒸留は直火釜、醸造は添加物なしの100%天然醸造にこだわった泡盛造り。麹を造る行程では手編みの竹網を使い、また古酒の貯蔵にも昔ながらのカメを使用し熟成させています。

三線の音色と共に

三線の生演奏をお楽しみください。
※写真はイメージです。出演者は変更となる場合がございます。

三線ライブ(イメージ)

三線ライブ(イメージ)

※食物アレルギーをお持ちのお客様は、事前にお申し付けくださいませ。
※表示金額は税金・サービス料を含めた料金でございます。
※画像はイメージです。
※仕入れ状況によりメニューが変更になる場合がございます。

空席カレンダー・予約

特別プラン
9/22 9/22 9/23 9/24 9/25 9/26 9/27 9/28

次週以降のご予約はこちら 次週以降のご予約はこちら

○:空席あり 数字:空席数 ×:満席
休:定休日 :電話にてお問い合せください

レストランに関するお問い合せ

日本料理「隨縁亭」
TEL 098-993-7113 (受付時間9:00~19:00)

お問い合せ

レストラン予約確認・キャンセルレストラン予約確認・キャンセル